ウィペット チェリオと私との日記

愛犬の幸せって?一緒に生きるって?そんなことをボンヤリ綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マズルコントロール


子犬を迎えたら 足の真ん中に子犬を座らせ後ろからマズルを掴んでリーダーシップを確立しましょう。


というのがあった


さらに


悪いことだとわからせるため マズルを掴んでアイコンタクトしながらNOと叱りましょう。


というのがあった


私とチェリオの場合
マズルコントロールはマズいコントロールだ。


マズルを掴んでおこるとチェリオは逆上するというか興奮してしまい収拾がつかなくなるのだ。悪いことだとわかってもらうなど無理なのだ。ウィペットはマズルが掴みやすいのか ほかのウィペット飼い主さんでよくこの方法で叱る方がいる。効果はないように見えたが…


ドッグアクチュアリーの記事に
犬は人間の手がマズルに見えている という興味深い記述があった。つまり3つの口を持っていると認識しているのだ。


試しにチェリオに手で会話を試みた。噛みつくような表情を手で作る。力を入れて掴みかかろうとするようにしてみせるだけでチェリオは悲しそうに吠えはじめる。マズルコントロールするときの手だ。


反対に犬が挨拶するときのようにうなだれた表情をつくると 自分から頭を押し付けて落ち着いた。


なるほどな〜と思った。

それからマズルコントロールは一度もしたことはない。


甘噛みで痛いときはイタい!
物を破壊したときは アッ!

私の声色で悪いことだと判断してくれていた


マズルコントロールに頼らずコミュニケーションによって問題解決ができたことを幸せに思っている。
スポンサーサイト
  1. 2011/05/28(土) 01:53:58|
  2. 回想
  3. | コメント:0
<<コンフォティス錠 | ホーム | いってきます!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。