ウィペット チェリオと私との日記

愛犬の幸せって?一緒に生きるって?そんなことをボンヤリ綴ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お留守番


チェリオは基本的にお家のなかのフリーエリアでお留守番ができます。私の夜勤中は人間家族もいますし、自分のベッドや居間のクッションの上でほとんど寝ているようでイタズラもなく10時間お利口さんです。
でも日勤中の留守番についてはずっと心配です。チェリオは昼間のお留守番をロフトですごしています。外ですので暑い時、寒い時、雷や豪雨の時、仕事しながら常に心配です。それでも外で留守番させるには訳があります。まずチェリオが外にでたがること。フリーエリアは北向きで暗く、ひなたぼっこでビタミンを蓄えることができません。
家族不在の間締め切った家の中で排泄物の匂いが充満することに加え チェリオのヘタな片足あげでまえ足がぬれたまま家を歩かれたくないこと。(お年頃の娘が嫌がる)

あとロフト留守番でよいことは 向かいに住んでいる両親がチェリオを可愛がれるコトです。撫でたりおやつをあげたり、チェリオもそれがわかっていて おなかが空いたり、ロフト上の犬小屋の中のクッションが濡れたりすると 実家に向かって吠え 両親を呼ぶようです。(笑)


でも本当は 私は係留留守番をさせたくはないのです。チェリオのストレスマネジメントを考えるとよいとは言い切れません。ケージで留守番する程ストレスはたまらないでしょうがやはりチェリオにとって最善ではありません。もう少しお金が貯まったら私の部屋を南側に移しそこをフリーエリアにして、犬ドアをつけ、ロフトをフェンスで囲い チェリオが自由に過ごしながら留守番できるようにリフォームするつもりです。


もう少し待ってねチェリオ
スポンサーサイト
  1. 2011/06/21(火) 10:00:49|
  2. 日常
  3. | コメント:0
<<じいちゃんの車 | ホーム | 家庭菜園>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。